Office365という選択肢

PC

PCを購入する際、いつも悩みのタネとなるのが”Office”問題です。最近はPCの買い替えサイクルも早くなってきたので、その度にOfficeも買い直していると結構お金かかりますよね。企業など一度に数台のPC本体を新調する場合は大変です。私もWindowsPC3台、Mac1台とあるので結構お金がかかるのです…仕事上最新のアプリも扱えるようになっていたいですし…。

実はMicrosoftOfficeはいくつかラインナップがあって、今回はその中の一つ”Office365″を考えてみます。

MicrosoftOfficeのラインナップ

Officeの購入方法は大きく分けて2つ

まずOfficeを購入する際、パッケージ版サブスクリプション版の2つから選ぶことになります。

パッケージ版
いわゆる商品を購入(所持)する”ライセンスを買い取る”タイプのことです。Office2013以降のバージョンはディスクメディア無しのダウンロードするタイプの商品になりましたね。ソフトは1ライセンスでPC2台にインストールすることができます。

例えば…Word単体だと約15,000円〜(もうあまり売ってないかも)、Word+Excel+Outlookのパック[Personal]だと約30,000円〜、PersonalにPowerpointを加えた[Home&Business]だと約35,000円〜です。

サブスクリプション版
これがOffice365の”ライセンスをレンタルする”タイプです。アプリを使用する権利に対してお支払いをすることになります。

例えばOffice365 Soloは約12,000円/年〜です。

パケージ版、サブスクリプション版のそれぞれのメリット・デメリット

パッケージ版

メリット
ライセンスは自分のものですので、自由に使えます。PCを買い替える際にもそれをインストールすることができます。そのバージョンが発売されてから大体10年くらいのサポートがあります。

デメリット
購入時にお高くつきます。PC1台分追加でほしい場合も同じ料金がかかります。また、OS毎によりソフトが違いますので例えばWindowsとMacそれぞれにインストールしたい場合はそれぞれのOS用ソフトを購入する必要があります。企業であればPC毎にバージョンが違うと管理がややこしいことも…。

サブスクリプション版

メリット
永続的なサポートを受けることができ、新しいバージョンが発売されると無償アップグレードすることができます。またWindows・Macどちらでもインストールできるばかりか、タブレットやスマホにもインストールすることができます。さらにWord+Excel+Outlook+Powerpointがすべて入ってます!

デメリット
毎月、もしくは毎年お支払い続ける必要があります。

Office365にしました!

私はOffice365にしました。このメリットがドンピシャでWindowsでもMacでも使える(スマホでも)、常に新しいバージョンが使えるが結構良いですよ!

Office365のプラン

Office365にもさらにプラン分けがあります。家庭向けの”Solo”と法人向けの”Business”です。

Office365 Solo

WindowsまたはMacに2台までインストールすることができます。Microsoft公式で12,744円/年(税込)です。1ヶ月毎の契約もできますが、年間契約の方がお得です。さらにネットの方が少しお得です。

Office365 Business

WindowsまたはMacに5台までインストールすることができます。ネット販売は無く、900円/月(税別)です。

“法人向け”とありますが個人でも購入することは可能です。Microsoftアカウントは専用に別アカウントを用意する必要があります。

Office365 Businessをインストールしてみた

私はこっちにしました。インストール台数がやはり魅力ですね。あとこちらの方が(若干ですが)価格が安いということもあります。

契約は公式サイトからプランを選んで、専用のMicrosoftアカウントを作り、お支払い情報を入力するだけです。

契約するとアカウントを使ってポータルサイトへログインすることができます。[Officeアプリをインストールする]ボタンでアプリのダウンロードができます。

何やら見たこともないアプリもあります…。使いこなせるかな。

アカウントの管理ページです。

サブスクリプション

契約したライセンスが表示されます。

インストールステータス

OfficeアプリをインストールしたPCのコンピュータ名とOSの一覧です。ライセンス5台もあればこういう管理ページは便利ですね。”非アクティブ化”リンクでそのPCからライセンスを開放し、別PCにインストールすることができるようになります。私はまだ1台分のライセンスの余裕があります。

2018年10月2日からOffice365 Soloのインストール台数上限がなくなり、無制限になります。同時使用は5台まで。これだとBusinessとの差があまりありませんね。ネットのポイントが付く分Soloの方が良いという方もいるのではないでしょうか。
PCアプリ
スポンサーリンク
Network-Base
タイトルとURLをコピーしました