ヤマハルーターのネットボランチDNSを取得する

VPN

VPNを構築するためには接続先のグローバルIPアドレスが必要ですが、ヤマハルーターの場合はグローバルIPアドレスを固定化するプロバイダ契約がなくてもネットボランチDNSサービスを使えば問題なくVPN環境を構築することができます。

ネットボランチDNSサービスはグローバルIPアドレスの代わりに使うものなので、ルーターはインターネットに接続していることが条件となります

ルーター機種毎のネットボランチDNS取得方法

NVR500/RT107e/RTX810

※画像はRTX810のものです。

トップページの詳細設定と情報をクリックします。

NVR500はトップページに電話メニューがありますが、選択するものは同じです。

“その他の設定”にあるネットボランチDNSホストアドレスサービスの設定を選択します。

“ホスト名”の入力欄に自分のルーターに登録したい名前を入力します。もし2つ以上プロバイダ登録をしている場合は”接続プロバイダ”でネットボランチDNSサービスに登録したいものを選択します。


設定を確定させればネットボランチDNSサービスに登録することができます。
入力したホスト名.aa☓.netvolante.jp
これがグローバルIPアドレスの代わりとなるネットボランチDNS名です。真ん中のaaのあとには数字が付きます。だいたい0ですが、同じ名前がサーバー側ですでに取得されていれば1や2になります。

ネットボランチDNSを削除する場合

ルーターを入れ替えする場合などはネットボランチの削除が必要です。登録したときのネットボランチDNSホストアドレスサービスの設定から削除を行うことができます。

NVR510/RTX830/RTX1210

※画像はRTX830のものです。

トップページのかんたん設定をクリックします。

ネットボランチDNSを選択します。

“ホスト名”の入力欄に自分のルーターに登録したい名前を入力します。もし2つ以上プロバイダ登録をしている場合は”インターフェース”でネットボランチDNSサービスに登録したいものを選択します。


設定を確定させればネットボランチDNSサービスに登録することができます。
入力したホスト名.aa☓.netvolante.jp
これがグローバルIPアドレスの代わりとなるネットボランチDNS名です。真ん中のaaのあとには数字が付きます。だいたい0ですが、同じ名前がサーバー側ですでに取得されていれば1や2になります。


ネットボランチDNSを削除する場合

ルーターを入れ替えする場合などはネットボランチの削除が必要です。登録したときのネットボランチDNSから削除を行うことができます。

コマンドでのネットボランチDNS取得

RTX110/RTX1200

コマンドで設定する機種もあります。コンソールケーブルを使ってコマンド入力しましょう。

pp select 1
netvolante-dns hostname host pp 希望するホスト名
netvolante-dns go pp 1

コマンドで設定する場合はセーブを忘れずに。

save

登録しているネットボランチもコマンドで確認できます。

netvolante-dns get hostname list all

コマンドでネットボランチDNSを削除する場合

削除する場合のコマンドです。

netvolante-dns delete go pp 1

VPNYAMAHAルーター
スポンサーリンク
Network-Base
タイトルとURLをコピーしました