SynologyのNAS”DS218j”を使ってます

ネットワーク

今年からSynology社のNASDS218jを使ってます。自宅用なので静音で容量たっぷりのものを選びました。特に問題なく動作しているので良い買い物をしたと思います。

DS218jを組み立てる

DS218jはHDD無しのキットタイプ

このNASは購入→電源ONで使えるわけではないです。”キットタイプ”というもので、本体にHDDが内蔵されていないので別途購入する必要があります。今回はNAS用としても名高いWestern Digital REDの3TBモデルを選びました。

Synology DiskStation DS218j
TT-Mall
¥ 24,700(2019/05/02 01:16時点)

全部で45,000円くらいです。大事に使いたいと思います。

DS218jにHDDを装填

まずDS218j本体のカバーを外します。手で前後にスライドさせると外れます。


中はシンプルですね。HDDが2枚入るコネクタがあります。ここに装填してあげるわけですね。



こんな感じになりました。左右を付属のネジを締めて固定させます。

DS218jをセットアップ

組み立てが終わったので初期設定を開始します。背面のLANポートとHUBを接続し、表面の電源ボタンで起動させます。
しばらく時間が経つと「ピーッ!!」という起動音(結構ウルサイ;)が鳴りSTATUSランプが黄色の点滅になります。これは初期設定がまだ終わっていないからのようですね。気にせず設定を始めます。

ブラウザのURLバーでhttp://find.synology.comにアクセスするとネットワークに接続した本体を自動検出してくれます。

DSMのインストール

DiskStationManager(DSM)はSynology製NASのOSです。立ち上げたばかりなので当然中身は空っぽ。HDDのフォーマットをし、DSMをインストールします。


アカウント作成

ネットワーク運用する上でのサーバー名(コンピュータ名)と管理者権限のアカウントを作成します。これらはあとで変更することはできます。

さきほどインストールしたDSMの更新チェックに関する設定です。細かく設定できるのでお好みで。

QuickConnectの設定

Synology社のDDNSサーバーを使って外部からネットワーク内にあるこのDS218j本体にアクセスするための設定です。この設定もあとで変更することができ、必須ではなく下にスキップリンクがあるのでスキップ可能です。



DS218j本体にアプリ”パッケージ”のインストールです。1クリックでインストールできますが、これもスキップは可能です。

管理画面

ブラウザで管理画面が開けます。DS218jの設定変更や動作状況はすべてここでチェックすることができます。

DS218jを立ち上げたらやること

OSの手動更新

セットアップ時にインストールしたOS”DSM”を更新しておきます。PCだってWindowsアップデートとかありますよね。管理画面コントロールパネルに更新と復元というメニューがあります。

DSMの更新メニューがあるので今すぐアップデートしておきます。

ネットワーク設定

今度はコントロールパネルのネットワークを選択します。

ネットワークインターフェース”LAN“でDS218jのIPアドレスを設定します。初期ではルーターのDHCPサーバーから自動取得するようになっています。お好みですが、管理する側としては固定IPにしておいたほうが良いと思います。



RAID構成を変更する

DS218jのRAIDシステムは初期でSHR(Synology Hybrid RAID)というSynology社独自の構成になっています。このままでも良いのですがRAID1にしてみようと思います。構成の変更をする場合はHDDのフォーマット(初期化)が必要なので、まだ何もデータが入っていない状態だからこそ今のうちにやってみます。

SHRはRAID1とシステム上大きな違いは無いようですのでこの作業は必須ではありません。

管理画面左上のメニューからストレージマネージャを選択します。

今のSHRのボリュームを削除します。

システムボリュームがなくなったら今度は作成します。

基本的に”次へ”を進めるだけです。



ボリュームが先程のSHRではなくRAID1になりました。

データのバックアップ

DS218jは本体の裏面のUSBポートを使って外付けHDDに自動バックアップを取ることができます。バックアップ作業は手動でやろうとすると、ついつい忘れがちなので自動でやっておきたいところです。外付けHDDはDS218j本体に装填したHDDと同じ容量を選んでおけばOKです。

コントロールパネルから外部デバイスをクリックします。接続した外付けHDDがありますので、まずはフォーマットしておきましょう。

バックアップアプリHyperBackupを使う

DS218jを最初にセットアップする際”推奨パッケージ”をインストールしていると思います。その中にHyperBackupというバックアップアプリがあるので、これを使って外部デバイス(外付けHDD)へバックアップを取ります。もし最初にHyperBackupをインストールしていない場合、もしくは削除してしまった場合は管理画面のパッケージセンターでHyperBackupを検索すればインストールできます。

このアプリが非常に優秀で、DS218j内のフォルダからバックアップするもの・バックアップしないものをチェックボックスで選択することができ、またスケジュール設定で定義した周期で自動的にバックアップしてくれます


RAID1で構成されたHDDは2枚あるのですが、本体の故障やデータ破損は怖いのでキチンとしたバックアップはしておきましょう。

Synology DiskStation DS218j
TT-Mall
¥ 24,700(2019/05/02 01:16時点)
ネットワーク
スポンサーリンク
Network-Base
タイトルとURLをコピーしました